リペアーマガジン

エレベーター 内装シート補修

こんにちは、修復時代の金子です。

今回は【エレベーター内装シート】の修復例をご紹介いたします。

 

引越しの作業中や大きな荷物を運搬中に

ついうっかり壁にぶつけて、傷をつくってしまいがちなエレベーター内のシート。

 

傷が小さかった場合でも、シートを丸ごと張替えるとなると

総額いくらかかるのか…不安になりますよね。

 

でも、ご安心ください!

リペア専門の修復時代では修復部分のみの作業となりますので

リーズナブルに、傷をなかったコトにできます!

 

こちらが修復前の写真です。

剥がれが大きく目立ちますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはえぐれてしまっている箇所をパテで埋めます。

細かい部分もパテで埋めて平滑にしていきます。

 

 

続いて塗装と艶合わせです。

補修箇所が浮かないように

周りの色合いや模様、そして艶を丁寧に合わせていきます。

 

 

そして補修後がこちら!

 

ご依頼者様は仕上がりに少し不安を持っておられましたが

施工後、職人の技術にご満足いただけました✨

 

修復時代では、生活目線で分からなくなるような仕上げ補修を

誠心誠意やらせていただきます!

 

 

補修後のお写真、いかがでしょうか。

近くで見ても、剥がれがあった部分が違和感なく修復できていますね!

 

修復時代では、エレベーター内装シートの補修以外にも

洗面ボウルのひび割れや、フローリングのしみ

外壁サイディングのへこみなど様々な修復実績がございます。

 

また、法人向けの宿泊施設の修繕や 個人のご家庭の修繕まで

多岐にわたるご要望にお応えしております。

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください☺

▼▼ご相談の流れはこちら▼▼

 

 STEP1:無料のオンラインお見積!

こちらのお見積フォーム】より修復希望箇所のお写真をご送信ください。

修復希望箇所(数か所ある場合は全て)のお写真を

複数のアングルでお願いいたします。

※オンラインでのお見積が難しい場合は現地調査を行います。

 

 STEP2:作業日などの調整!

作業日等、事前にいくつかの事項を確認させていただきます。

 

 STEP3:施工!

補修のプロが最善の方法で補修させていただきます。

※なお生活目線で分からなくなる仕上げ補修であり

保証はつけておりませんので、ご了承の上ご検討くださいませ。

 

皆さまからのお問い合わせ、心よりお待ちしております。