リペアーマガジン

室内 木製扉 へこみ 補修

こんにちは、修復時代の金子です。

 

最近は春の訪れを感じる

あたたかい陽気が続いていますね!

 

 

春といえば

お引越しを予定されている方も

多いのではないでしょうか🌸

 

 

そこで気になるのが、

退去時の修繕費!!

 

 

扉のへこみや穴、フローリングの傷など

そのまま管理会社やオーナー様に引き渡してしまうと

10~20万円の修繕費を請求されるケースが多いのです☹

 

 

そうなる前に!

まずは修復時代にご相談ください。

 

弊社では修繕が必要な部分のみ施工するので、

思いの外リーズナブルに直すことができる可能性も✨

 

 

今回は引っ越しシーズンに必見!

 

お問い合わせを多くいただく

室内扉の補修についてご紹介します。

 

まずは、補修前のこちらのお写真をご覧ください。

 

 

右上に凹みが確認できますね。

サイズは小さいものの、修繕が必要なへこみです。

 

補修の工程として、まずは

板の割れてしまっている部分を取り除き、

内側からバックアップをしていきます。

そしてパテで穴を塞ぎ、

サンドペーパーで平滑にします。

(何度か繰り返し)

次に下塗り塗装と

ベースを吹き付け塗装し、

木目を筆で書いていきます✨

(素人には真似できない職人の技です)

仕上げに、

クリアー艶合わせ塗装をして

完成したのがこちら!

 

板を丸ごと取り換えることなく

へこみ部分の修復で

新品同様に蘇りました✨

 

これで安心して

お引越しができますね!

 

 

修復時代では 室内 木製扉 以外にも

様々な修復実績がございますので、

詳しくは👉「リペアーマガジン」をご覧ください!

※クリックするとページに飛びます。

 

 

個人のご家庭から法人向けの宿泊施設まで

多岐にわたるご要望にお応えしておりますので、

まずはお気軽にお問い合わせください

 

--------------------------------------------

 

~お問い合わせから施工までの流れ~

 

▼ STEP1:無料のオンラインお見積!

【こちらのお問い合わせフォーム】より

修復希望箇所のお写真をご送信ください。

 

※修復希望箇所(数か所ある場合は全て)のお写真を

複数のアングルでお願いいたします。

※オンラインでのお見積が難しい場合は現地調査を行います。

 

 

▼ STEP2:作業日などの調整!

作業日等、事前にいくつかの事項を確認させていただきます。

 

 

▼ STEP3:施工!

補修のプロが最善の方法で補修させていただきます。

 

※なお生活目線で分からなくなる仕上げ補修であり、

保証はつけておりませんのでご了承の上ご検討くださいませ。

 

--------------------------------------------

#室内壁 #壁へこみ #壁穴 #室内壁のへこみ

#木製扉へこみ #扉修復 #扉へこみ