リペアーマガジン

フローリング染み補修

こんにちは、修復時代の金子です。

今回は【フローリング染み】について!

 

 

👆こういったフローリングの染みには

原因がいくつかあるのをご存知ですか?

 

今回は、大きく分けて

三つの原因をご紹介します。

 

 

①結露水

室内と室外の気温差によって

窓に水滴が付着することを「結露」といいます。

これが窓を伝い、サッシ枠に落ちて溜まるため

フローリングが常に湿っている状態に💦

そこから木材が腐り、

染みや変色の原因になってしまうのです。

 

 

②液体

コーヒーなどの飲料や調味料をこぼしてしまったり

ペットが誤って床におしっこしてしまった、といった

ご相談、実は多くいただきます。

こちらも結露水と同じように

水分が長時間染みこんでしまうのが原因。

カビの発生が木材を劣化させ、

凹みの原因になることもあります💦

 

 

③日焼け

フローリングは表面が木材なので

日光や室内の明かりなどで日焼けをしてしまいます。

カーペットを敷いたり、家具を置いている部分と

反対に何も置いていない部分で色が異なるのは

実は日焼けが原因なんです💦

こちらは定期的なメンテナンスが必要ですね!

 

 

いかがでしたでしょうか?

原因にお心当たりのある方も、そうでない方も

フローリングの染みに悩まれている方は

ぜひご相談を! 👉 お問い合わせはこちら

 

 

 

続いて、実際にあった

フローリング染みの作業工程を

写真と共にご紹介してまいります。

 

まずは、こちら。補修前の染みです。

 

 

まずは乾いているかを確認して、

染み(変色)部分をサンドペーパーで削ります。

 

 

削って荒れた表面を滑らかにし、

パテを刷り込んで

サンドペーパーで均一にしていきます!

 

下塗り剤とベース色を吹き付け塗装し

ベースが出来たら木目を描いていくんですが…

 

ここが修復時代の自慢ポイント!!

手描きで木目を描いていきます!

 

元のような柄を再現していく様子は

まさに、プロの技術✨

 

 

木目ができたら、

ベース色をクリアーに混ぜて

いよいよ仕上げに入ります。

 

仕上がりはカラーだけでなく、

艶も重要なポイント。

 

違和感のないように

丁寧に艶を調整して完成です!

 

 

それでは施工前と施工後を

写真で見比べてみましょう👀

 

まずは施工前👇

 

そして施工後👇

 

いかがでしょうか?

ご覧の通り、手書きした木目や艶感も

全く違和感ありません!

今回もすっかりキレイに修復できました!

 

 

修復時代では 洗面ボウルのひび割れ 以外にも

様々な修復実績がございますので

詳しくは「リペアーマガジン」をご覧ください。

👆クリックするとページに飛びます。

 

個人のご家庭から法人向けの宿泊施設まで

多岐にわたるご要望にお応えしておりますので、

まずはお気軽にお問い合わせください☺

 

 

--------------------------------------------

 

~お問い合わせから施工までの流れ~

 

▼ STEP1:無料のオンラインお見積!

【こちらのお問い合わせフォーム】より

修復希望箇所のお写真をご送信ください。

 

※修復希望箇所(数か所ある場合は全て)のお写真を

複数のアングルでお願いいたします。

※オンラインでのお見積が難しい場合は現地調査を行います。

 

▼ STEP2:作業日などの調整!

作業日等、事前にいくつかの事項を確認させていただきます。

 

▼ STEP3:施工!

補修のプロが最善の方法で補修させていただきます。

※なお生活目線で分からなくなる仕上げ補修であり、

保証はつけておりませんのでご了承の上ご検討くださいませ。

 

--------------------------------------------

#修復 #修復時代 #補修 #リペア

#フローリング染み #フローリング補修 #フローリング凹み