リペアーマガジン

「洗面ボウル」

修復時代の金子です。

今回は「洗面ボウル ひび割れ」の修復事例をご紹介します!

 

 

スキンケア用品やドライヤーなど

たくさんの小物が溢れている洗面所。

 

 

つい手元を滑らせて落としてしまうこと

少なくないですよね…

 

小さな傷もそのままにしておくと徐々に広がり

水漏れや配管の腐食に繋がってしまいます。

 

修復時代では、洗面台を全部取り換えるよりも

リーズナブルに直せますので、

気になる方はぜひお問い合わせください✨

 

 

では、ここからは実際の洗面ボウルの補修の様子を

ご紹介していきたいと思います。

 

 

補修前のお写真はこちら。

洗面ボウルにヒビが入っています。

 

 

まずは洗面台の周りや

排水溝内に塗料などがつかないよう、

しっかりと養生を行います。

 

 

次に。割れている部分にボンドを注入し

上からパテを塗ります。

 

そして水研ぎペーパーで研いで

平滑にしていきます。

 

次にベース色、クリアーの順に

スプレーガンで吹き付けを行い、

塗装が乾いたらブツ取り肌調整を行います。

 

 

仕上げに

ポリッシングでピカピカに磨き上げて施工完了✨

 

 

いかがでしょうか。

 

洗面台を丸ごと取り替えずに

ひびの部分のみきれいに修復させていただきました。

 

修復時代では個人のご家庭から法人向けの宿泊施設まで

多岐にわたるご要望にお応えしております。

 

まずはお気軽に【お問い合わせ】ください!

 

※修復希望箇所(数か所ある場合は全て)のお写真を複数のアングルでお送りください。

※オンラインでのお見積が難しい場合は現地調査を行います。

 


 

 

~お問い合わせから施工までの流れ~

【STEP1】無料のオンラインお見積!

【STEP2】作業日や詳細などの事前確認!

【STEP3】施工!補修のプロが最善の方法で補修させていただきます。

 

なお生活目線で分からなくなる仕上げ補修であり、

保証はつけておりませんのでご了承の上ご検討くださいませ。

 

 


 

#修復 #修復時代 #補修 #リペア

#洗面ボウル #洗面ボウル傷 #ひび割れ