リペアーマガジン

木材クローゼットの割れ 修復

こんにちは!修復時代の河合です!(^^)!

 

本日は、【木製クローゼット】の修復事例をご紹介いたします。

 

木製の扉はお家やお店など身近なところにありますよね

実はドアの凹み・穴の修復のご依頼は、かなり多く頂いております。

 

今回のご依頼は自室のクローゼットでした。

毎日を過ごすとても身近な部分ですので余計気になりますよね・・・

アップにするとこんな感じです。

白色のコーティングがされているクローゼットなので

かなり剥がれた中身が目立ちますが、こちらも修復対応致します!!

今回、剥がれている部分は一部ですので、クローゼットの扉を外してから修復します。

板の割れてしまっている部分を一度剥がし、他にはがれそうな部分は

液体ボンドを塗り接着します。

そのあとはサンドペーパーで傷をつけパテで穴を塞ぎます。

元の割れより傷がついているように見えるのは、

サンドペーパーで傷をつけたからですね('ω')ノ

パテを打った後、平滑にし塗装をしやすくします。

下塗り材を吹き付け、仕上げにベース色を吹き付け、

周りの扉と色・ツヤを合わせ乾いたら完成です!

ここに傷があったのかでさえ疑いたくなるような綺麗さです!

作りたてのように美しい真っ白な色。

自分でペンキを塗っただけではこのようになりませんよね・・・

さらに備え付けのクローゼットですと、

これからもずっと一緒に過ごしていくインテリアなので

綺麗なままを保っていたいのが本音ですが、ずっと過ごしているからこそ

ついてしまう傷だってあると思います。

 

修復時代はそんな気になる部分から自分では直すのが難しいインテリア

その他にもたくさんのご依頼をいただいております!

 

是非一度お気軽にお問い合わせくださいませ♪

修復依頼お待ちしております!

 

※ご相談の際は、修復希望箇所の写真が必要となりますので、
お手元にご用意のうえご連絡いただけますとスムーズです。
複数のアングルからの写真を頂けますと、よりスムーズです♪

↓  ↓  ↓

こちらのお見積フォーム】より修復希望箇所のお写真をご送信くださいませ。
オンラインでのお見積が可能です。(お見積無料!)
まずは修復時代までお気軽にお問い合わせくださいませ。

木製ドアの修復(凹み・割れ・穴)

室内 木製ドア・壁 凹み修復